アースバーガーって? DETAILS

バンズパーム油 牛肉 紙

バーガーチェーン評価表 ASSESSMENT

STATUS

2018年9月、12月面談。

  • モスバーガー

    もっと頑張って!

    もっと頑張って!

    もっと頑張って!

    詳細について
  • ケンタッキー

    もっと頑張って!

    対象外

    もっと頑張って!

    詳細について
  • マクドナルド

    まだまだこれから!

    まだまだこれから!

    あともう少し!

    詳細について
  • ファーストキッチン

    もっと頑張って!

    もっと頑張って!

    もっと頑張って!

    詳細について
  • ロッテリア

    もっと頑張って!

    もっと頑張って!

    もっと頑張って!

    詳細について
  • フレッシュネス

    もっと頑張って!

    もっと頑張って!

    もっと頑張って!

    詳細について

3月までに2139通の賛同書があつまりました。以下のメッセージの中で、いちばん共感したものにいいねしよう!

  • 少しくらい価格が上がっても、おいしければきっと大丈夫。森のことも考えて作ってください。

    (20代女性 東京)
    91
    いいね
    いいね
  • 地球環境にやさしいバーガーっていいですね。限りある資源を守り、子供達に美しい地球のままバトンタッチしたいです。

    (30代男性 東京)
    55
    いいね
    いいね
  • ハンバーガーチェーンの環境配慮が遅れていると知ってショックです。お客さんだけでなく、地球全体を大切に、愛される企業になって!

    (20代女性 東京)
    44
    いいね
    いいね
  • 森にすむ動物や植物の環境が悪くならないように考えて作られるハンバーガーに賛同します。

    (40代男性 沖縄)
    32
    いいね
    いいね
  • これからはサステナビリティが注目される時代。どんな原料を使っているのか分かりやすく開示してください。

    (50代男性 岩手)
    39
    いいね
    いいね

WHO WE ARE? WHO WE ARE?

MORE

アースバーガーのバンズは、パーム油の製造において森林破壊や人権問題を起こしていないと認められたRSPO認証マーク付きのショートニングを使用して製造しています。そのほか、もともとバターを使用して作られていたバンズは、そのまま使用しています。
バンズの製造に必要なショートニングの原料であるパーム油は、広く使われる一方でその生産の背景に、熱帯林の伐採や賃金の払われない労働など深刻な問題を抱えています。世界には、こうした問題の上に作られたパーム油を原料とするバンズが存在するのです。
アースバーガーの牛肉は、牧場開拓において直接的な森林破壊を引き起こしていない産地のものか、そうでない場合は森林を破壊して牧場が作られていないことが確認できた産地のものを使用しています。
牛肉生産による森林破壊はさまざまな地域で問題になっています。例えばオーストラリア東部では、コアラなどの生息する森が1年で3,000㎢近くも切り開かれ、牛肉用の牧場に転換されています。日本に輸入される牛肉には、このように森林を切り開いて生産されたものと、そうでないものが混在しています。
アースバーガーの包み紙は、責任ある森林管理のもとで生産された木材や製品だけに認められる「FSCマーク」を取得した紙です。環境保全、持続性の観点から、適切な管理がなされている森から生まれた紙なのです。
食品の包装に使われる紙の多くは、木から作られたバージンパルプを原料としています。世界には、バージンパルプを作るために伐採されたり燃やされる熱帯林があり、野生生物はすむ森を失って苦しんでいます。
投稿を作成

TOPへ Photos and graphics ©WWF or used with permission